コラム

HOME>コラム

藤林先生 大研究
Q1.占い師になった、または、占いに興味を持ったきっかけを教えてください。

僕は何もかも三日坊主で、何一つ熱中できないまま大学を卒業しました。そんな自分に最後のお灸ならぬヒントを投げかけてくれたのが、書店で見つけた占いの本との出会いで、本を開いたら、つかみ所のなかった自分の正体がそこからあふれ出てきたんですよ。まさに、僕の人生の泉、源泉ともいえますね。

Q2.占術に対してまじめに取り組んでいらっしゃる印象をお受けしますが、勉強方法を教えてください。

真面目も不真面目もなく、自分らしく大好きなもの、その人にとって不可欠なものであれば全て、知らぬ間に向こうから集まってくるものなんですよ。 タロット、四柱推命、ルーンそして、お客様と向き合う事も考えセラピーの技術も勉強しました。今は独自の心理占星術を日々研究、探究していますが、自分が本当に願うなら、あらゆる自分に必要なものが磁石のように吸い寄せられて自分の許に訪ねてきてくれるもんなんですよ。 まるで最愛の人との出会いや再会のようにですかね(笑)。

ストレス発散方法
Q3.先生のストレス発散方法は?エネルギーチャージ方法などありますか?

僕自身の合言葉は「大声」「大汗」「大爆笑」なんです。 僕はこう見えて(笑)朝晩2回の入浴をします。その入浴の際、湯船で大爆笑してます。実際インドで笑いを使ったヨガもメジャーですしね。 駐車場に止めた車の中で沖縄の三線を弾きながら大声で歌うこともあります。 また、テニスなどのスポーツで大汗をかくことも自分がリセットされていくような感覚がありますね。

Q4.学生時代はどんな学生でしたか?

いや〜、ある意味学生時代はダメダメ人間で、なめくじ、くらげ、ダメ天秤座でしたね〜。(ナメクジさん、クラゲさんゴメンナサイ) 僕の頃は厳しい受験戦争や共通一次というなにやら訳の分からない受験が始まり、その受験をある意味、すんなりクリアしたんでが、その後は・・・・・情けないほどダメダメ人間ですね。しかし、それも経験すべく必要な時期だったのかなと、最近思ったりしますね。

Q5.最近気になっている事、ニュース、出来事何かありますか?

社会が様々な変化を遂げているときになんですが、今は「自分の中の恐るべき変化」から目が離せません。これは今だかつてない自分の爆発であって、僕にとっては株価暴落、金融再編(古い言い方をすれば金融ビッグバン)も超えているほど、何かが動いているんです。

Q6.先生の座右の銘を教えてください。

「なんとかなるさ」 「一球入魂」 「目の前の事が全て」(これはイヤな事から逃げない!・・ただし人によっては逃げても良いときもありますけどね) 「それでいいのだ」 ちょっと座右の銘にしてはたくさんありますが、様々な場面でいつも僕の頭をよぎる言葉達です。

 
インタビュアー後記

インタビューしている最中にもなぜか、気付いたら私自身の話をしている・・・・、噂には聞いていましたが、さすが「スポンジ藤林」とギャルが言うだけあって、相手の事を全て受け入れてくれる雰囲気をかもし出す藤林先生でした。本当に不思議な感覚です。幾度となく気付いたら吐き出している自分がいました。(インタビュアー失格ですね・・)。これこそ、藤林先生の一番深いところであり、藤林裕也という独特の人間性ではないかとインタビュー帰りに確信しました。なぜかインタビューの後、自分がリフレッシュしているのにビックリで、藤林先生ありがとうございました。

TOP PAGE