コラム

HOME>コラム

亮明日華先生
Q1.占い師になった、または、占いに興味を持ったきっかけを教えてください。

会社勤めをしていた頃、当時の上司であり友人でもあった人とざっくばらんに「これから先どんな仕事をしたい?」という話をしていて、「人のに触れられる仕事、受け止めてあげられる仕事がしたい」なんて答えたら、「占い師なんてどうですか?」って言われて、「そうだなあ」と思い勉強し始めたのがきっかけです。 そういえば、高校生の時に進学先を決める時も、まだ何も考えがなかった私に担任の先生が「理学なんてどうですか?」と言ってくれて、「そうだなあ」とさくっと決めました。 もう一つ、そういえば、ずーっと若い頃、全然占い師になるなんて考えてもいなかった頃に街の占い師さんに見てもらった時、「将来占いに関わることになる」と言われてました。ずっとすっかり忘れてたのですが、占いの勉強をし始めた後に思い出して、改めてビックリしましたし、益々勉強にのめり込みました。

Q2.先生の占いでは具体的な方向、色など風水、タロット、そして西洋占星術が相談内容と絶妙なバランスで的確とお伺いしましたが、どのように勉強されているのですか?また、様々な占い方法をどのように使い分けていらっしゃるのですか?

西洋占星術では主にその人の性格や適性、チャンスの時機などを見ます。生れ落ちた瞬間に決められた、ある程度の方向性や枠組み、一生を通じての傾向ということで、その人が「本当はどうするのがいいのか?」「全般に何を気をつければ良いか?」を見ます。 タロットでよく見るのは「人の気持ち」です。「自分の気持ち」とかをカードで出してみるのも、けっこう面白いです。

 

また、占星術で全般的な傾向は押さえるものの、「今目の前にある問題はどうなるか?どうしたら良いか?」はタロットで見ます。タロットは絵で描かれていますが、今抱えている問題にまさにぴったりの絵柄が出てくることが多くて、怖いほど説得力がありますね。

 

風水や方位術は主に開運目的で使います。姓名判断も、「判断」というより、芸名や赤ちゃんの名付けで使う場合がほとんどです。改名までいかなくてもニックネームの使い方でけっこう開運ができたりするもんなんですよ。

 

西洋占星術でも開運法や魅力の引き立て方はけっこう見ます。

 

手相はほぼ上記の占いで事足りるので、希望された時だけ見ます。でも、体調問題だけは手相を確認したくなりますね。そして実は、人相などもこっそりチェックしているんですよ(笑)。

 

すべて、独学ではなく、スクールや私塾で先生から直接教わりました。みなさん「秘伝」「裏技」も惜しみなく教えてくださって、本当に感謝しています。

ストレス発散方法
Q3.先生のストレス発散方法は?エネルギーチャージ方法などありますか?

正直、そんなにストレスを引きずらない方だと思いますが…

 

家に帰って猫と遊ぶのが一番かな。猫好きなので、野良をちらっと見かけるだけで嬉しくなります。 癒しスポットは図書館です。

 

エネルギーチャージ法は、昇りたての朝日を浴びること。これは開運にも使えます! 睡眠をちゃんと取るとか、栄養のバランスとかは以前からがけていました。

 

運動はやらなくちゃと思いつつずーっと避けてきたのですが、割と最近やり始めたら、やっぱり体を動かすっていいなあと実感しました。

 

の健康も大事ですが、体の健康が支えてくれる部分も大きいと思います。

Q4.先生ご自身を占われることはありますか?

占いを勉強している時に、検証として自分を観たことはありますが、今は実際悩んだりして自分を観ることはないですね〜、(人生が安定してしまったせいか悩みがないんです(笑)でも、占いを勉強して、他人、そして自分を客観的に見る事ができるようになったというのが大きいのではないかと思います。色んな価値観や感じ方があることを知ると、怒りや失望が軽減されますね。

Q5.最近気になっている事、ニュース、出来事何かありますか?

冥王星が射手座から山羊座に移動したこと。 山羊座は「秩序」や「伝統的な価値観」を重んじる星座、冥王星は「死と再生の星」と言われていますから、冥王星が山羊座を運行している間に、いろいろと秩序の再編が起こりそうです。日本では終身雇用制や社会保障制度が完全に崩壊したり、夫婦別姓とか結婚制度が大きく変わるとか。今は「あり得ないでしょ」と思っていることが現実になるのではないかと思います。

冥王星は1914年に蟹座にある時に発見されてから、まだ12星座すべてを経ていないので、何が起こるかとても興味深いです。

Q6.先生の座右の銘を教えてください。

「最善を尽くす」

Q7.最後に2009年に向けて全ての人にメッセージをお願いします。

2009年は幸運の星が水瓶座を運行しますので、水瓶座らしく「個性」「未来志向」「ヒューマニズム」がキーワード。「人と同じにしとこう」とか人の後から流行を追いかけるのではなく、「私は私」と自分の道を貫きましょう!

 
インタビュアー後記

先生のなんとも表現しがたい優しい笑顔から、次々と色んなことを教えていただいた様なインタビューでした。色んな勉強をされた蓄積と経験豊かさを特に感じました。私のどんな質問に対しても、躊躇することなく即座にご回答いただき本当に有難うございました。サラリーマン達が、癒しやヒントを求めに行列を作るのも納得できました。

 

ピンチのときに「大丈夫」と言って、笑顔を引き出してくれそうなイメージの先生でした。私もピンチ(いつも・・・)の時に先生のお顔を見たくなりました。

 

最後に「昇りたての朝日を浴びる事(特に木曜日がいい)」と教えていただいたとおり、早起きして、朝日でリセット、開運したいと思います。色んなことをご丁寧に教えていただき本当に有難うございました。そしてお疲れ様でした。

TOP PAGE